1.はじめに

■療術学校を卒業する利点とは  国家資格(柔道整復師・鍼灸師・マッサージ師、指圧師等)
■規制緩和による乱立状態卒業まで3年間の期間を要する。 開業まで多額の資金が必要
■民間資格(整体師・カイロプラクティック気功・リフレクソロジー等)  特別な資格は必要ない。 民間団体が資格として発行しているケースもある。 費用はそれぞれ違う
----------------------------------------------------------------------------- 整体院経営における成功事例など様々な事例について、解説を加え説明します。

なるべく深く掘り下げて話をしていきます。

既に開業されている先生方、またはこれから開業される先生方にも、これから解説する内容を更に深めて指導していきたいと思います。

このサイトでは“最短で施術家として成功する方法”です。


題名の通り、療術業界で成功するのは私たちのこれまでの経験上、一万人に一人ということも大げさではないと思っています。

もちろん、全ての療術業に携わる方を確実に調査する方法はありません。

しかし、推測することは可能です。 例えば東京都内について考えて見ましょう。

タウンページで東京都内の各種療法を調べてみると。一万数千件件程度の名前が掲載されていました。

理由がありタウンページに掲載していない療術業関係の方も沢山いるでしょう。

ホテルや旅館など他業種や違うサービスに潜り込んでいる療術業関係者も多数いると考えられますので、あくまで推測ですが、数万件は関係者がいると思われます。

これらの療術業者で事業を大きく展開されている施術所は、スタッフを雇っていますので、これらのスタッフも含めて考えると、療術業に携わる人口は、東京都内だけでかなりの人数と推測されます。

これを全国規模で考えると、延べ数十万人、もしかするとそれ以上いるとも考えられます。(もちろん、全ての方が開業目的ではないと思います。あくまで関係者がそれだけ沢山いるという数字として考えてください。)

療術関係の学校を卒業し、資格を取得しただけで開業、又は就職していない関係者も相当いると考えています。

ですから、一万人に一人と書いたのは、あくまで推測ではありますが、広い意味でこの程度ではないかと言う予測です。

2.療術業界の現状へつづく